気をつけること

接し方で気をつけるべきこと

うつ病の人には「頑張れ」などの励ましが厳禁だ、という話は皆さんご存じでしょう。 けれど、励ます方にも悪気があるわけではありません。 むしろ、はやく良くなってもらいたいと思う気持ちから励ましの言葉が出てしまうものです。 励ましたいくらい大切な相手だからこそ、うつ病の人との接し方を知ることで、少しでも力になれたらいいですね。 うつ病では、生活すること全般に対してやる気が失われます。また、体に不調が出ることもあります。 これらは病気の症状であって、決して怠けているわけではないこと、本人がいちばん苦しんでいることをまずは頭に入れておきましょう。 そして、一番大事なことは、支える側である自分が相手の感情に巻き込まれないことです。 うつ病は、本人はもちろん、支える側にとっても苦しいものですから、うまく自分の心と体を休めながら接していきたいですね。

励ましも言い方を選べば相手に届く

うつ病の人との接し方のポイントをいくつかご紹介したいと思います。 励ましは厳禁だといっても、不安を和らげるような言葉をかけることは接し方として有効です。 「大丈夫、良いときもあれば悪いときもあるのは当然だよ」など、相手の苦しみを認め、希望を与えるような言葉で、励ましたい気持ちを上手に伝えてみましょう。 相手を認めるということは、どんな場面においてもとても大切なことです。 うつ病の人は、時としてネガティブな言葉を口にしてしまうものですが、そんなときにもまずは相手のネガティブな感情を認めるのです。 決して、「そんなことを言うな」などと否定するのではなく、認めたうえで「どうしたの」などと相手の気持ちに耳を傾けてみてください。 接し方に少し気をつけるだけでも、あなたの「励ましたい」「助けたい」という気持ちはきっと伝わります。