治療費を支援

うつ病の治療費を支援する制度

うつ病は、強いストレスや不規則な生活など、さまざまなことが要因となって発病します。疲れが長く続いたり、何もやる気が起きなくなったなど、うつ病かもしれないと感じたら、早い段階で診察を受けることが大切です。診察は心療内科や精神科、神経科などで受けることができます。 うつ病の治療は、人によって期間が異なります。根気よく、長い期間治療が必要なケースも多くあります。治療にかかる費用は、健康保険が適用されます。そのため、自己負担分は少なくなります。 費用を支援する制度もあります。自立支援支援医療制度というものです。この制度を利用することで、さらに自己負担分が軽減されます。この制度を利用するには、自治体の窓口で申請の手続きを行う必要があります。

接し方の注意点を知っておくことが必要です

うつ病を治療するには、本人以外に家族などの協力も必要です。家族が異変に気づいてうつ病がわかるというケースもあります。 うつ病と診断されたら、接し方には注意が必要です。接し方で注意することとして、励まさないということがあります。落ち込んでいる人を見ると、励ましたくなりますが、うつ病は病気なので、励ましで改善することはないのです。却って悪化する可能性もあります。また、今後の相談をするなどの接し方などもやめます。相談をしても、正常に考えることができないため、混乱を引き起こす可能性があります。接し方の詳細については、専門家に相談をします。医療機関の他、支援団体などもあります。うつ病の人は常に悩んでいたり、無気力だったりという症状が見られます。そのため、励ましたり、叱ったりしたくなりますが、あくまでも病気ということを忘れずに接する必要があります。

うつの人に言ってはいけない言葉

うつ病はかかった本人が苦しい思いをしているのはもちろん、家族や友人など、周りの人たちも大変な思いをします。 うつ病の患者さんにとって、周りの人の接し方はとても重要になります。 まずうつ病の人へ向かって頑張れは禁句です。うつになりやすい人は本来とても真面目で努力家で頑張り屋さんなのです。決して怠けているわけではなく、今は頑張りたくても頑張れない状態なんだと理解し接することが大切です。 今まで本当に頑張ってきたんだね。いろいろ大変だったね。と共感する言葉をかけてあげましょう。決して自分の意見などを押し付けたりしてはいけません。 優しく大きな心で接し、今はゆっくりと休息をとらせてあげてください。 接し方次第では、うつ病の回復も長引いてしまったり、逆に早まったりします。

身近な人がうつ病かなと思ったら

うつ病は早く発見し治療することができれば、回復も早まります。 うつ病の症状は、ぐっすり眠れず早朝目が覚める、食欲不振になる、活動する意欲がなくなる、死にたいと強く思うようになる、性欲がなくなるなどです。 身近な人の様子が上記にあてはまり、変だなと感じるようであれば、病院の受診をすすめましょう。本人もうつと気づかないことも多いので、周りの人がサポートしていきましょう。接し方にも少し注意して、叱咤激励をせず、辛い気持ちに寄り添ってあげてください。 ただ、うつ病を支える側にも相当の負担があります。接し方などに気をつかうあまり、自分自身が疲れ切ってしまわないように、相談できる相手を見つけたり、時には気分転換をすることも大切です。 必ず良くなることを信じて、焦らずに関わっていきましょう。

サポートするサービスや制度を活用しましょう。

 うつ病にかかった方への接し方として頑張れと言ってはいけないと言われています。それはうつ病の方に、更なるストレスをかけてはよくないと理解され始めている証拠です。  最近ではうつ病への接し方として公的機関からのサポートする制度が活用しやすくなりました。制度としては、医療費を軽くする自立支援医療費制度や精神障害者保健福祉手帳の交付があります。また職場での環境によりうつ病になった場合は、労災や疾病手当金を受け取ることが出来ます。  また、うつ病で悩まれる方は本人だけでなく家族も同じです。家族が不安感を抱えないためにサポートを考える会も活動されています。  最近では治療も様々な方法が出てきました。音楽療法や光療法などの活用も期待されています。

ピックアップ

接し方はどうすれば

家族や友人、仕事の仲間などの大切な人がうつ病や新型うつになったら、しっかりと配慮をすることが大切ですので、周りにいる人もうつ病や新型うつの人への接し方を学ぶことが重要になってきます。

みんなで協力

今のストレス社会を象徴するかのように、うつ病や新型うつの患者は増え続けています。患者数の需要も多くありますが、そのぶん改善方法も多くあり、改善をみせる患者さんも増えてきています。

おかしいと思ったら

うつ病や新型うつも病気の一つなので、早期の受診が大切です。最近は接し方や改善方法なども次第に解明されてきているので、しっかりとした治療法も考えられており、受診は大切であると言えます。

気をつけること

うつ病や新型うつの人へは励まさない法が良いです。これは意外に思う人もいるかもしれませんが、励ましの言葉は逆の効果を発揮してしまうので、励ましはしないことが大切なこととなってきます。

病初期に

うつ病やになりやすい人というのは、まじめで責任感が強く働き者の人が多いです。ますという行為はかえって病状を悪化させてしまいますので、うつ病や新型うつの人には十分な休養を取ることを言ったほうが良いです。